0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

堺市中区の住居侵入事件で逮捕 | コラム | 刑事事件の弁護士ならあいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

堺市の刑事事件・少年事件の弁護活動に特化した法律事務所です

弁護士法人
あいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

堺市中区の住居侵入事件で逮捕

住居侵入罪について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所堺支部が解説します。

堺市中区の住居侵入事件で警察に逮捕

会社員のAさん(30歳)は、堺市中区に住んでいる元交際相手の女性のマンションに1か月前まで同棲しており、元交際相手の女性のマンションに置いていた衣服を持ち帰ろうと思い、交際中に密かに作っていた元交際相手の女性のマンションの合鍵を使用して、鍵の掛かった玄関から室内に上がり込みました。
当時就寝中の元交際相手の女性は室内に入って来たAさんに驚いて、110番通報したことにより駆け付けた大阪府中堺警察署の警察官に住居侵入罪で逮捕されました。
大阪府中堺警察署に住居侵入罪で逮捕されたと連絡を受けたAさんの母親は、刑事事件に強い弁護士に初回接見を依頼することにしました。
(この事例はフィクションです。)

住居侵入罪

「住居侵入罪」は、刑法第130条前段に、「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入した者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」と規定されています。

住居侵入罪における「正当な理由がない」とは

一般的に、正当な理由があるか否かは、その行為が社会的に相当であるかどうかによって判断されます。
通常、人が違法であると感じる程度のものであると考えてよいでしょう。

「人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船」とは

「住居」とは、人が起臥寝食(きがしんしょく)に利用する場所をいい、その利用は一時的なものであっても良く、「邸宅」とは、空き家や使われていない別荘など住居以外のものをいいます。
起臥寝食とは、生活の本拠として人が寝食をすることをいいます。
例えば、ホテルの一室、オフィスビルや学校などにある警備員の宿直室なども住居に当たるとされています。

「建造物」とは、人が出入りできる構造となっており、屋根があり柱などによって土地に定着した建物をいいます。
この「建造物」の周囲を取り囲むような敷地がある場合は、この敷地のことを囲繞地(いにょうち)と呼び、これも建造物に含まれるとされています。
「艦船」とは、軍艦および船舶のことをいいます。

事例のAさんの行為は、住居侵入罪に該当するでしょう。

事例のAさんは、元交際相手の女性のマンションに交際中に密かに作っていた合鍵を使用して、元交際相手の女性の承諾を得ることなく勝手に上がり込んでいます。
自分の服を取りに行ったという侵入理由を考慮しても、住人である元交際相手の承諾を得ずに複製した合鍵を使用して元交際相手の部屋に入った行為は、社会的に相当性を欠き、「正当な理由」があるとは言えず住居侵入罪に該当する可能性が高いと言えます。

住居侵入罪に強い弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所堺支部では、住居侵入罪で逮捕されたご家族の方からのご相談をお受けしております。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所堺支部では、住居侵入罪でお困りお方や、ご家族が住居侵入罪で警察に逮捕されてしまった方からのお電話をお待ちしております。
刑事事件専門の弁護士が、初回接見サービスでご家族の方の不安にお答えします。
初回接見サービスや無料相談のご予約はフリーダイヤル0120-631-881にて24時間、年中無休で受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

堺支部へのアクセス

弁護士法人 あいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

〒590-0077
大阪府堺市堺区中瓦町1-1-21
堺東八幸ビル2階
TEL:0120-631-881

堺支部の弁護士紹介

弁護士法人 あいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

堺支部 支部長 弁護士
福井 謙多朗

Top